推薦入試の結果が出ました

2018年度推薦合格体験記

僕は野田クルゼ卒業生の方に勧められて野田クルゼに通い始めました。一人きりだと勉強のモチベーションを保ち続けることは難しいですが、クルゼはクラスのみんなが医学部を目指しているので、常に刺激を与えられる環境なので高いモチベーションを維持できました。また、定期的に模試が行われ、翌週にはクルゼ内の順位速報が掲示されるため、自分の強い科目・弱い科目をいつも意識しながら学習に臨めたのもよかったと思います。

ライバルに囲まれて競争を楽しみながら、自習室も思いっきり活用させてもらいました。疑問や悩みが生じたときには現役医大生チューターの先輩たちにいいアドバイスをもらうことができました。クルゼは、いつも色々な人が声をかけてくれて、フレンドリーな雰囲気で楽しく通えたのが精神的にもよかったと考えています。各科の先生方にも何度も直接学習相談に乗ってもらいました。

推薦試験で一番不安だったのが面接でしたが、何回も面接指導をすることで自信を持てるようになり、不安も解消できました。中山校長に「面接官のみなさんは合格したら先生であり先輩になるんだから勉強するつもりでしっかり話を聞いて来なさい」と激励してもらったこともとてもありがたかったです。

多くの命を救い健康を支えられる、そして患者さんだけではなくご家族からも信頼を頂ける理想の医師を目指してこれからも努力を続けます。

野田クルゼに入ったのは高校2年の夏です。クルゼ卒業生の母に勧められて入塾しました。入塾した頃は数学と理科が苦手で、自分は医学部受験には向かないタイプだと思い込んでいました。思うように成績が伸びず、高校2年の冬を前にして、文系に進学をすべきではないかと悩んだ時期もありました。しかし、補強のために受講した個別指導で担当いただいた先生方がどんな初歩的な質問をしても根気よく丁寧に答えてくださり、君は医者に向いてるよと励まし続けてくれたお陰で医学部受験を続けることができました。あのとき諦めなくて本当によかったと思います。励まし続けてくれた先生方には本当に感謝しています。

野田クルゼが医系の専門塾なので、ほとんどの生徒が医学部という同じ目標を持って勉強しています。みんなの勉強に対する姿勢や医師という夢への情熱を見ていると、自分ももっと頑張らなければいけないという気持ちになれました。

クルゼにはたくさんの良いところがありますが、最も素晴らしいと思うのは、先生たちの医学部受験に関する知識と経験です。私は指定校推薦で医学部に挑戦しました。面接や学力試験に向けて、クルゼの知識と経験を駆使した合格ノウハウで万全の対策を期したおかげで合格することができたと思います。この合格ノウハウこそが、クルゼと他の予備校の大きな差だと思います。お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

2017年度推薦合格体験記

合格実績・合格体験記


医学部予備校の野田クルゼ

医学部予備校の野田クルゼ

  • 合格実績
  • 学生寮

よく見られている記事

このページをお読みの方は、下記の記事もご覧になっています。

学費優待・選抜試験

医学部予備校・野田クルゼの特徴


現役で医学部合格を目指す方は