こだわりの少人数制

クルゼの授業は全教科ともに学力別に分けた5~20名までの少人数で行われます。これは個々の学習能力に合わせた最も濃い内容の授業を行うためです。同レベルの集団は健全な競争心を生み、生徒は常に緊張感を保ち授業に臨むことができます。また定期的にクラス分けテストを実施し、編成の見直しを行います。クラスアップという最も近い将来の目標が、最終目標までの強い意志の持続の一端を担うのです。

学習能力に合わせた無理のない授業

5名~20名までの同じレベルに合わせた生徒を集めたクラス編成であるため、クルゼの講師はクラス全員の能力差や理解度をすべて把握。そのため、クルゼは理解していない生徒をそのまま放置しておくことは決してありません。当り前のことですが、クラスの全員がきちんと理解したかどうかを確認しながら授業をすすめます。

医学部受験者のみで競争する文化

クラス人数が少なければそれだけでよいことになるのでしょうか。いや、そうとも限りません。家庭教師がその典型です。さまざまなメリットは確かにありますが、その最大の問題は、やる気をかきたてられないことにあります。受験は競争です。競争を楽しめるかどうかが、勝敗を分けると言っても過言ではありません。競争である以上、同じも目標を持つ周りの誰かと比較する必要があるのです。

様々なテストで中間目標設定

単元終了後のテストや実力テストの結果をもってクラス分けを実施し、編成の見直しを行います。そのため、クラスアップという最も近い目標設定ができ、それが最終目標までの強い合格意志の持続の一端を担ってくれます。


医学部予備校の野田クルゼ

医学部予備校の野田クルゼ

よく見られている記事

このページをお読みの方は、下記の記事もご覧になっています。

学費優待・選抜試験

医学部予備校・野田クルゼの特徴


現役で医学部合格を目指す方は