【直前ゼミ】大学別対策

1970年からの医学部受験指導ノウハウで、 全医学部を直前まで徹底対策。

  • 高3生
  • 高卒生

大学別対策(直前ゼミ)1月8日[金]~2月27日[土]

  • 同じ大学を目指すライバルと競い合う短期完結ゼミ
  • 的中率抜群の入試予想問題で志望校対策が完成!
  • 50年以上の入試研究から生まれるオリジナル教材
  • 2次面接や小論文対策で医学部受験をフルサポート

野田クルゼは1970年からの医学部受験指導ノウハウで、全医学部を直前まで徹底対策。
だから、全国から受験前日まで、多くの生徒が相談に訪れます。
まずは、お気軽にご相談ください。医学部受験指導のプロがここにいます。

設定・環境

01.

静かで集中できる自習室

毎日朝9:00から夜22:00まで利用できます。
家では集中できない君も校舎内の自習室なら集中して勉強できます。

02.

エキスパート講師陣が素早く質問対応

質問専用カウンターで疑問を即座に解決。
疑問を持ち越すことが無いから効率的に学習を進められます。

03.

不安を解消!いつでもカウンセリング

受験の専門家がいつでも相談にのります。
ひとりで悩まず素早く解決することが、学習時間の確保にもつながります!

講師からのワンポイントアドバイス

現役校 副校長

中山 真

とにかく一生懸命話すこと、必死さは大切です。

各大学の入試担当の方と話すと、面接で見たいのは「一生懸命さ」「協調性」と口を揃えておっしゃいます。確かに担当してもらうなら、そんなお医者さんの方が良いですよね。
とにかく一生懸命話すこと、必死さは大切です。いつもの自分と違って構いません。
多くの大学で、学長あるいは学部長の方が直接面接を担当します。医療・大学について一番詳しい方が担当するわけですから、手の内は見透かされます。それでも多くの大学で入学案内に記載されている創設者や教育方針について問いかけるのは、全力で準備したのか知りたいのです。あるいは準備不足のときに、その場で全力で考えるのか試したいのです。
もし、人の命を扱う仕事に携わる人間が、目の前の緊急を要する患者に対して全力で対応しないとしたら、考えただけで恐ろしくなりませんか。
そしてもう一点、担当者の方が自分の話を理解しているか確認しながら話してください。そのために聞き手の目を見るのです。年齢が違えば、話し言葉も話すスピードも違います。困った表情を相手が浮かべたら、聞き取りにくかったのかもしれない、という気配りが必要ではないでしょうか。大学のトップの方々が自分のために貴重な時間を割いてくださっていることに感謝する気持ちが強ければ、緊張していても、相手への配慮が自然と出てきます。