2020.11.23

全学年

新型コロナウイルス感染拡大防止のための校舎での対策

新型コロナウイルス感染拡大防止のための校舎での対策

①職員は全員(講師・事務ともに)、マスクを着用します。
※授業や各種お手続きの際も常時マスクを着用させていただきます。

②職員は全員、出社時に検温します。
※37.5℃以上の発熱がある場合、当該職員は勤務不可とし、退勤させます。咳や風邪の症状がある場合も、同様に退勤させます。

③手指消毒を徹底します。
※職員全員、出社時・授業開始前・授業終了後・外出から戻った際に、手指消毒をします。

④教室の消毒・清拭を徹底します。
※使用した教室の机・ドアノブなどは、授業終了時に消毒をします。

⑤30分に1回の換気を徹底します。
※授業で使用する教室は、30分に1回のペースで換気をします。

⑥1教室の人数を定員の90%以内とします。
※各教室の座席数の90%を上限として人数制限をし、身体的距離の確保をします。

⑦ご来校時には必ずマスクの着用、入館時には手指消毒をお願いいたします。
※生徒・保護者の皆様も、通塾時・ご来訪時にはマスクの着用をお願いします。また建物入口付近で手指消毒をしていただきます(アレルギーのある方への配慮はいたします)。

⑧「健康チェックカード」に必要事項を記入してお持ちください。
※通塾前に、必ず検温をお願いします。その他、体調面に関することやご心配なことはカードにご記入ください。

⑨校舎教室内で食事をとる際は、以下のルールをお守りください。
※自分の席に着き、前方を向いた状態で食事をとってください。

※食事中の私語は控えてください。
※食事終了後はすぐにマスクを着用し、自習しながら次の授業に備えてください。