合格体験記

東京女子医科大学 合格

東京都・都立青山高校

S.R

医学部志望にした時は本当に不安でしたが、野田クルゼに通い始めて心の不安は無くなりました。

Q1.

お世話になった先生

池永先生(化学科)

Q2.

野田クルゼ入塾のきっかけ

クルゼに入学する前は、映像授業の大手略と英語専門塾に通っていました。実は、文系進学者が多い高校だったので、高2の秋くらいに、文系志望から医学部 志望に変更しました。野田クルゼを選んたのは、お父さんの勧めや大手予備校には無い面倒見の良さがポイントでした。

Q3.

野田クルゼに入ってみて

元々、文系志望で理系科目を捨てていたため、数学も理科もゼロからのスタートでした。化学なんかは本当に周期表から(笑)のスタートだったので、医学部志望にした時は本当に不安でしたが、野田クルゼに通い始めて心の不安は無くなりました。

個別指導で一気に開を固めつつ、集団授業にも出るようにしました。個別と集団、両方あったのが助かりました。学校にはすごく仲のいい友はたくさんいるのですが、医学部志望の人がいなくて、受験や将来の話もできず、ひとりでがんばるしかなかったので、受間はほぼ毎日、野田クルゼにいました。

現役校は現役受験生しかいないので、受験直前とかも医学部受験の情報交換したり、本当に、一生ものの友達ができたと思います。冬合宿では化学の計算には最後まで苦しみましたが、池永先生に徹底的に戦えてもらって、やっと過去問も解けるレベルにまでもっていけました。

Q4.

今やってること

ゴルフ部に入りました!あとは高校時代の友達と遊んだり、読めなかった本を読んだり、家族と過ごしたり、充実してます(笑)

Q5.

将来の夢

今は不妊治療など産婦人科領域への地みたいと思っています。また、父、祖父ともに師で、祖父は産婦人科医なのも興味に関係しているかもしれません。また、お世話になった先生が不妊治療をして子供を授かったことも大きいです。

Q6.

受験生へメッセージ

合否を分けるのは結局「自分がやるかやならいか」だけです。本当に面倒見の良い先生がたくさんいます。講師は、間違いなく、最強です。どれだけ先生を「使うか使わないか」が勝負です(笑)。私は最強の講師陣に協力してもらい、医学部合格を勝ち取れました。

年度別の
合格体験記はこちら