合格体験記

群馬大学 合格

前橋

Y.Y

最初は、大手予備校に行くかどうか考えていましたが、一人一人に割り当てられた自習室やロッカー、また気軽に質問できるなどと少数予備校ならではの環境にひかれて野田クルゼで一年間学ぼうと思いました。同じクラスの生徒と仲良くなり、模試で競い合ったりとともに切磋琢磨して一年間勉強に取り組むことができました。

授業のテキストやプリントをこなし、復習をするだけでも成績が徐々に上がり始めました。僕は英語が苦手でしたが、基礎から学び始めることで成績が安定するようになりました。また、得意であった数学や理科もさらなる底上げを狙うことができました。単元別にまとめられたプリントをもらうことで着実に苦手をつぶし、志望校の専用の対策プリントを作ってもらい、とても役に立ちました。特に伊藤先生には物理で苦手な分野の対策プリントをたくさんもらい取り組むことで成績が上がったのでとても感謝しています。

先生方には自分の実力に見合った大学を面接で何度も検討してくださいました。また国立大学を目指していたため、センター試験の対策もしっかり行ってくださいました。おかげで去年よりも大幅に点数を取ることができました。

医学部入試は他学部の入試とは異なるということを聞き、その対策に向けての授業や、野田クルゼならではのクルゼ模試により、入試本番でも焦ることなく問題を解くことができました。英作文やほかの教科の記述などの添削も行ってくださいました。一次試験の対策だけでなく小論文や面接の対策も行うことで、本番のグループ討論も緊張することなく向かうことができました。

とても温かい雰囲気の中で先生方に最後まで応援してくださった先生方には感謝でいっぱいです。一人で悩むことなく相談することができたのがクルゼのいいところだと思います。

年度別の
合格体験記はこちら