合格体験記

東北大学医学部 合格

東京都・筑波大学附属駒場

Y.Y

野田クルゼに決めたのは、専用自習室や、無料コピー機、過去問の充実度、先生に気軽に質問に行けるという点が決めてでした。

Q1.

野田クルゼに入学したきっかけは?

現役時代の失敗から学んだことは、医学部受験にはインプットよりアウトプットが重要だということです。また、医学部受験では、小論文や面接など医学部独特の試験がたくさんあります。普通の予備校に通っていると、直前になって「そういえばそんなのあったよね、対策どうしよう・・・」となりかねません。

医学部専門予備校は、1年間かけて、そういった対策をじっくり進めていく。そこが決め手でした。

医学部専門の予備校もたくさんありますが、その中から野田クルゼに決めたのは、専用自習室や、無料コピー機、過去問の充実度、先生に気軽に質問に行けるという点が決めてでした。

Q2.

野田クルゼでお世話になった先生は?

英語の杉原先生です。

英語が苦手だったのですが、英作文に細かい添削をしていただき、 何度も何度も反復しました。どこが読めない、どこが理解できていないなど、手厚く添削してもらいました。

小論文対策も一般予備校では教えてくれないような、細かい部分までチェックしてもらいました。医学部受験に精通していない先生だったら、あそこまでの対策は絶対に無理だと思います。

Q3.

野田クルゼで印象に残っている思い出は?

成績が目に見えて、ガンガン上がったことです。入学当初は東北大も怪しかったのに、それより一段上にもいけるんじゃないかと思うくらい伸びました。指示された通りにやればやるだけ、伸びるんだというのが、一番の思い出です。

Q4.

医学部を目指したきっかけは?

自分の高校は、東大志望が多いんです。特に将来やりたいことも無く、自分も周りに流されて、ぼんやり東大を目指していました。

実際、自分は何が向いているのか、何をやりたいのか、あらためて見つめ直してみると、家族にも医療関係者が多く、父も研究職をしていたので、浪人して初めて医学部が良いと、自分の進路をしっかりと決めたんです。

Q5.

野田クルゼの良いところは?

全員が、医学部を目指しているというところでしょうか。バチバチに競い合うときもあるけど、みんなで協力して、みんなで乗り越えようとする。みんなが医学部志望なので、悩みも共有しやすいんです。切磋琢磨というのが、本当にしっくり来る環境が、野田クルゼにはありました。

年度別の
合格体験記はこちら